ストレートバレル

【ストレートバレルのセッティング】ダーツの飛びを動画で徹底比較!

【ストレートバレルのセッティング】ダーツの飛びを動画で徹底比較!
ふれっど
ふれっど

こんにちはー!ふれっど(@fredchic_s)です!

 

今回は「ストレートバレルのセッティング」についてです^^

 

この記事はこんな人向け
  • ストレートバレルのセッティングにまよっている
  • 自分の持っているストレートバレルの飛びが悪くて、セッティングが悪いんじゃないかと悩んでいる
  • セッティングを変えることで、飛びが変わるのかが知りたい
  • おすすめのセッティングを教えてほしい

 

こんな疑問を解決します。

 

この記事の内容
  • ストレートバレルのセッティング別の飛びがわかる
  • シャフトの長さで飛びがどう変わるのかがわかる
  • フライトの形状で飛びがどう変わるのかがわかる
  • ストレートバレルのセッティングのコツ
  • 4種類のストレートバレルのおすすめのセッティングがわかる

 

この記事を書くわたし

ふれっどのプロフィールと実績
ふれっど(@fredchic_s

 

投げている時の動画がこちら

 

今回は、ロングストレートバレル「ゴメス11」とフィットシャフト、フライトで比較していきます^^

  • バレル
    • ゴメス11
      • 長さ:52mm
      • 重量:22g
  • シャフト
    • フィット スリム スピンタイプ
      • 長さ:3番(24mm)
      • 長さ:4番(28.5mm)
      • 長さ:5番(31mm)
  • フライト
    • フィット フライト
      • 形状:シェイプ
      • 形状:カイト
      • 形状:Fシェイプ

 

それでは、解説していきます^^

 

【ストレートバレルのセッティング】シャフトで飛びはどう変わる?

【ストレートバレルのセッティング】シャフトで飛びはどう変わる?

ストレートバレルにおいて、シャフトの長さが変わると、飛びは以下のように変わります。

  • シャフトが短いと飛びが鋭くなる
  • シャフトが長いと飛びが山なりになる

 

フライトの形状を変えずに、シャフトの長さを変えた3本のダーツを投げているときの動画を撮ってみました。

フライトはすべてシェイプで、1本目がシャフト3番(24mm)、2本目がシャフト4番(28.5mm)、3本目がシャフト5番(31mm)を使用しています。

 

こちらの動画は、フライトをカイトにして、1本目がシャフト3番、2本目がシャフト4番、3本目がシャフト5番です。

 

ふれっど
ふれっど

シャフトを長くしていくと、だんだん山なりになっているのがよくわかります。

 

【ストレートバレルのセッティング】フライトで飛びはどう変わる?

【ストレートバレルのセッティング】フライトで飛びはどう変わる?

ストレートバレルのセッティングで、フライトの形が変わると、飛びはこのように変わります。

  • フライトが大きいと飛びは山なりになる
  • フライトが小さいと飛びは鋭くなる

 

シャフト長さは変えずに、フライトの形状を変えた3本のダーツを投げてみました。

フライトは、以下の形状を使用しています。

ダーツのフライトの形状

 

シャフトはすべて4番(28.5mm)で、1本目がFシェイプ、2本目がカイト、3本目がシェイプです。

 

ふれっど
ふれっど

フライトを大きくしていくと、飛びの放物線は大きくなっていることがわかります。

 

【ストレートバレルのセッティング】長いシャフトと小さいフライトを付けるとどうなる?

【ストレートバレルのセッティング】長いシャフトと小さいフライトを付けてみた

おすすめはまったくできませんが、ためしに、村松治樹プロのシャフト、フライトをゴメス11に取り付けてみました。

 

  • シャフト:8フライトスリムタイプ(長さは44mm)
  • フライト:8フライト(形状はスリムタイプ)

 

実際の飛びはこのような感じです。

 

ダーツ全体が長くなり(16.2cm)、非常にあつかいにくいセッティングとなりました。

ストレートバレルはトルピードバレルと比較して、バレルが長いものが多くなっています。

 

ふれっど
ふれっど

長くなればなるほど、グリップも空中もバランスを取りにくくなってしまうので、セッティングのときは、注意が必要です。

 

そして、フライトが小さいと、空中の姿勢が悪くなりやすいです。

フライトの空気抵抗が、小さいからです。

 

フライトは鳥や、飛行機で言う「翼」の役割をしています。

 

ふれっど
ふれっど

スズメのように羽の小さい鳥は細かく小さく飛んでいますが、タカのように羽の大きい鳥は、安定して優雅に飛んでいますよね。

 

フライトが小さければ小さいほど、空中でダーツがバタついてしまう原因となってしまいます。

 

ただでさえ飛ばすのが難しいストレートバレルに、小さすぎるフライトを付けるのは、あまりおすすめできません。

 

とはいえ、綺麗に飛ばす練習にはなります。

脱力して、しっかりリリースで抜かないと、飛ばないからです。

 

ふれっど
ふれっど

家で練習するときに、このセッティングを試してみても良いかもしれません。

 

リリースで抜くスキルについては、過去の記事「【ストレートバレルの投げ方】グルーピングできないときの3つのコツ」で徹底的に解説していますので、ぜひのぞいてみてください。

 

【ストレートバレルのセッティング】コツは基本となるフライトとシャフトを決めて、そこから少しずつ変えてみること

【ストレートバレルのセッティング】コツは基本となるフライトとシャフトを決めて、そこから少しずつ変えてみること

少しずつ変えていくことで、大きな失敗が無いからです。

 

ふれっど
ふれっど

せっかくシャフトとフライトを買ったとしても、「長すぎた」とか、「小さすぎた」となってしまっては、お金を損してしまいますよね。

 

たとえば、わたしの場合は、するどい、直線的な矢飛びが好きなので、フライトはカイト、シャフトは4番(28.5mm)をベースとしています。

 

そこから、長いストレートバレルだったら、空中の姿勢がバタつきやすいから、シェイプに大きくして、安定させる。

けど、飛びは直線的にしたいから、3番(24mm)に短くするみたいな感じで、セッティングをすこしずつ変えていっています。

 

まずは、あなたの基本となるフライトとシャフトを決めることが、上手にセッティングするコツです。

 

4種類のストレートバレルのおすすめセッティング

4種類のストレートバレルのおすすめセッティング

以下の4種類のストレートバレルについて、おすすめのセッティングを紹介します。

  • ソロ4
  • ゴメス11
  • エフォール2
  • パイロストレート

 

【ソロ4】のおすすめセッティング

【ソロ4】のおすすめセッティング
【ソロ4】のおすすめセッティング
  • バレル重量:17.5g
  • バレル長さ:45mm
  • 最大径:6.8mm
  • フライト:フィットシェイプ
  • シャフト:フィットスリムスピンタイプ3(長さ24mm)

 

飛びはこのような感じです。

 

ソロ4のレビュー記事「【ダーツ ソロ4 レビュー】ギアグリップが絶妙なリリース感を生む」については、こちらです。

 

【ゴメス11】のおすすめセッティング

【ゴメス11】のおすすめセッティング
【ゴメス11】のおすすめセッティング
  • バレル重量:22g
  • バレル長さ:52mm
  • 最大径:6.6mm
  • フライト:フィットシェイプ
  • シャフト:フィットスリムスピンタイプ3(長さ24mm)

 

実際の飛びがこちら。

 

ゴメス11のメリット・デメリットを解説した記事「【ダーツ ゴメス11 レビュー】シンプルなフォルムが魅力のバレル」はこちらです。

 

【エフォール2】のおすすめセッティング

【エフォール2】のおすすめセッティング
【エフォール2】のおすすめセッティング
  • バレル重量:20g
  • バレル長さ:48mm
  • 最大径:6.6mm
  • フライト:フィットシェイプ
  • シャフト:フィットスリムスピンタイプ3(長さ24mm)

 

的に向かって、伸びていくような飛びが特徴です。

 

エフォール2の詳細については、過去記事「【ダーツ エフォール2 レビュー】超繊細すぎるカットが魅力のバレル」をどうぞ^^

 

【パイロストレート】のおすすめセッティング

【パイロストレート】のおすすめセッティング
【パイロストレート】のおすすめセッティング
  • バレル重量:16.5g
  • バレル長さ:42.5mm
  • 最大径:6.6mm
  • フライト:フィットカイト
  • シャフト:フィットスリムスピンタイプ4(長さ28.5mm)

 

圧倒的な飛びに、衝撃を受けました。

 

パイロストレートについては、こちらの記事「【ダーツ パイロ ストレート レビュー】このバレル神グリップです」で徹底的に解説しています。

 

ふれっど
ふれっど

あなたが持っているストレートバレルに、近いものがあれば、ぜひこのセッティングを試してみてください^^

 

まとめ:【ストレートバレルのセッティング】ダーツの飛びを動画で徹底比較!

まとめ

ストレートバレルのセッティングについて、まとめると以下のとおりです。

  • シャフトが短いと飛びが鋭くなる
  • シャフトが長いと飛びが山なりになる
  • フライトが大きいと飛びは山なりになる
  • フライトが小さいと飛びは鋭くなる

 

トルピードバレルと比べて、ストレートバレルって、飛ばすのがとっても難しいですよね。

セッティングが悪いんじゃないかと、悩んでしまったかたに、この記事が少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

また、セッティングよりも大切なのは、「リリースでダーツを抜くこと」です。

飛びが汚い、的に刺さらないと感じているあなたに、ぜひ読んでいただきたい記事はこちらです。

 

この記事が気に入っていただけたら、ブックマークして、また遊びに来てください^^

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

 

-ストレートバレル