ダーツのストレートバレルが難しい【結論、ショートから慣れるべし】

ダーツのストレートバレルが難しい【結論、ショートから慣れるべし】 ストレートバレル
ふれっど
ふれっど

こんにちはー!ふれっど(@fredchic_s)です!

 

ストレートバレルって、トルピードバレルに比べると、あつかいが難しいと言われていますよね。

実際にわたしは約10年間、たくさんのバレルを投げてきましたが、とくにロングストレートバレルが難しいと感じます^^;

 

なので、「これからストレートバレルに挑戦したい」「ストレートバレル、難しい!」と感じたときは、短いストレートバレルを投げて、慣れるのがおすすめです。

今回は、そんな内容を深堀りしていきます^^

 

この記事はこんな人向け
  • ストレートバレルを投げてみたけど、難しいと感じてしまう
  • ストレートバレルをうまく飛ばしたい

 

こんなお悩みを解決します。

 

この記事の内容
  • ストレートバレルを難しいと感じたときの解決策
  • 比較的投げるのが簡単な短いストレートバレルを紹介

 

この記事を書くわたし

ふれっどのプロフィールと実績
ふれっど(@fredchic_s

 

投げているときの動画がこちら

 

ふれっど
ふれっど

ダーツ10年目の知識と、元JAPANプロのスキルで、徹底的に解説していきます^^

 

ストレートバレルが難しいと感じるのは、慣れていないだけ

ストレートバレルが難しいと感じるのは、慣れていないだけ

多くの人は、長いストレートバレルを難しいと感じます。

でもそれは、なんら普通のことです。

 

たとえば、いきなり、槍投げをしてくださいと言われるのと、バスケットボールを投げてくださいと言われるのとでは、全然難しさがちがいますよね。

 

長いストレートバレルを投げるのは、まさに槍を投げるのと一緒で、バランスがとてもむずかしいです。

 

ふれっど
ふれっど

とはいえ、槍投げ選手は最終的には試合に出れるくらいまで、投げれるようになりますよね。

 

つまり、練習してストレートバレルに慣れさえすれば、だれでも投げられるようになるということです。

 

ふれっど
ふれっど

「でもそれって、時間がかかるのでは?」と思いますよね。

 

そんなときは、まずは、短めのストレートバレルを買って、慣れることから始めてみてください。

 

「それでも、慣れるのに時間がかかるのが嫌だ。」と思うと思います。

そんな方には、こちらの記事「【ストレートバレルの投げ方】グルーピングできないときの3つのコツ」を読んでいただきたいです。

 

ストレートバレルの投げ方の極意(重心、脱力、リリース)が詰まっているので、あなたがストレートバレルに早く慣れるヒントになります。

 

ストレートバレルが難しいのは、デメリット。でもメリットが大きい

ストレートバレルが難しいのは、デメリット。でもメリットが大きい

投げにくいというのは、とても大きなデメリットです。

 

ダーツは「投げる3本をいかに同じように投げられるか」が、勝ち負けを大きく左右するからです。

 

ふれっど
ふれっど

投げにくいバレルは、この再現性が低いと言えます。

 

とはいえ、ストレートバレルに慣れてしまえば、再現性は上がって、飛びやグルーピングは高まりますし、どんなバレルでも投げられるという大きなメリットがあります。

 

ストレートバレルからトルピードバレルに戻しても、投げ方への影響は、ほとんどありません。

むしろ、良い影響ばかりだと考えています。

 

ふれっど
ふれっど

わたしの場合は、ストレートバレルで練習してから、トルピードバレルを投げると、すこぶる調子が良いです。

 

リリースのときに、気持ちよくダーツが抜けていくからです。

 

ストレートバレルのメリットとデメリットについては、過去記事「【ストレートバレルのメリット】トルピードとの比較を動画付きで解説」で詳しくまとめています。

 

どうしてもストレートバレルが難しいときは、トルピードバレルに特化する

どうしてもストレートバレルが難しいときは、トルピードバレルに特化する

どうしてもストレートバレルが投げにくいと感じるときは、無理して使う必要はありません。

ストレートバレルを投げないからと言って、うまくならないということはないのです。

 

ふれっど
ふれっど

トルピードバレルで上達すれば、何の問題もありません。

 

事実、日本においては、プロの方でも、トルピードバレルを使っている人の方がまだまだ多いです。

トルピードバレルを使用しているトッププロ
  • 村松治樹プロ
  • 鈴木未来プロ
  • 坂口優希恵プロ
  • 宮脇実由プロ

 

ただ、絶対女王の鈴木未来プロの最新バレル「ザ ミラクル G2」については、ほぼストレートの形状のトルピードバレルになっています。

 

ふれっど
ふれっど

まるで、ストレートバレルを投げているような感覚です。

 

最近のプロモデルのバレルについて知りたい方は、こちらの過去記事「ダーツ中級者おすすめ人気バレル10選【すべて買って比較してみた】」がおすすめです。

 

とはいえ、海外においては、ストレートバレルが主流です。

日本のトッププロも、トルピードバレルから、ストレートバレルに変えている方もいらっしゃいます。

 

ストレートバレルを使用しているトッププロ
  • 山田勇輝プロ
  • 星野光正プロ
  • 大和久明彦プロ
  • 小野恵太プロ

 

最近は、ストレートバレルを使うプロの方が、どんどん増えてきて、人気が高まってきています。

 

ふれっど
ふれっど

世界のスティールダーツ(ハードダーツ)の大会への参加が、増えているからでしょうか。

 

ツイッターを見ていても、「ストレートバレルを買った」というツイートを、よく見かけます。

人気の高いプロモデルのストレートバレルを、比較した記事「ストレートバレルおすすめ厳選4選【最新人気バレルを買って徹底比較】」も書いていますので、気になる方はぜひご覧ください。

 

比較的投げるのが簡単なストレートバレルをご紹介

ストレートバレルの形にも、いろいろありまして、「長い」「短い」「細い」「太い」があります。

 

ストレートバレルの形状と難しさの関係
  • 難しい:長い、細い
  • 簡単:短い、太い

 

図にすると、このような感じです。

ストレートバレルの形状と難しさの関係

 

短いストレートバレルだと、星野光正プロの「パイロストレート」がおすすめです。

パイロストレート
  • バレル単体重量:16.5g
  • バレル全長:42.5mm
  • バレル最大径:6.6mm

 

短くなると必然的に軽くなりますが、グリップが吸い付くので、とても投げやすく、飛びがとても良いです。

パイロ ストレートのデザイン・カット

 

少し太めのストレートバレルですと、小野恵太プロの「ソロ4」が投げやすいです。

ソロ4
  • バレル単体重量:17.5g
  • バレル全長:45mm
  • 最大径:6.8mm

 

長さも比較的短いので、投げやすいストレートバレルです。

なんといってもカットがわかりやすいので、グリップに迷いません。

ソロ ジェネレーションのギアグリップとローレット加工

 

まとめ:ダーツのストレートバレルが難しい【結論、ショートから慣れるべし】

まとめ

ストレートバレルって細くて、長くて、どこを持ったらいいかわからないので、はじめてストレートバレルに挑戦する方にとっては、手を出しにくいですよね。

 

そんなときは、いきなり細くて長いストレートバレルではなく、まずは短めで、太めのストレートバレルを試しに買ってみて、慣れることが大切です。

比較的投げるのが簡単なストレートバレル

 

投げ方グリップセッティングについて、詳しく解説している記事もあるので、ぜひあわせて読んでみてください^^

読んで実践していただければ、「あなたがストレートバレルを使いこなせるヒント」に、必ずなります。

 

このブログが気に入っていただけたら、ブックマークして、また遊びに来てください^^

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

 

ストレートバレル
スポンサーリンク
ふれっどをフォローしてダーツスキルとメンタルをゲット!
ふれっどダーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました