【必読】ダーツが的に刺さらない時に試して欲しい3つの解決法

ダーツを早く上達するコツ

こんにちはー!ふれっどです。

ふれっど
ふれっど

元ダーツプロです!

今回は、ダーツが的に刺さりにくいというお悩みを持った方に、実践していただきたい3つ解決法について、解説していきたいと思います。

ダーツが刺さらずに落ちてしまうと、恥ずかしかったり、テンションが下がったりする気持ちがとてもわかります。

そんな方には以下のポイントを実践していただきたいです!

ポイント
  • チップ(ダーツの先端)を換えること
  • ダーツがバタつかないようにリラックスして投げること
  • ダーツの矢速(飛ぶスピード)を上げること

それではこの3つポイントについて解説していきます。

チップを換える

ダーツが刺さらないときには、まずはチップを換えることをおすすめします。

ダーツは投げれば投げるほど、チップがどんどん削れていって、細くなっていくからです。

また、ダーツマシンの的の穴も経年劣化によって、穴が広がってしまいます。

的には無数の穴があいており、その穴に対してチップが細いと、ダーツが刺さらずに落ちてしまいます。

ダーツが刺さりにくくなったら、まずはチップを換えてみましょう。

私は、9年間ダーツをしていまして、様々なチップを試しましたが、エルスタイルのリップポイントをずっと使っています。

硬くて、耐久性がありますし、個人的には刺さりやすいと感じています。

また、刺さりやすいチップとしては、コンドルもおすすめします。

ぜひ試してみはいかがでしょうか。

リラックスして投げる

いつもよりダーツが刺さりにくいと感じたときは、リラックスして投げることをおすすめします。

なぜなら、リラックスせずに投げると、指に引っかかったり、手からダーツが抜けにくくなるため、ダーツが飛んだ時に、上下左右にバタついてしまうことから、的に当たった時に斜めに当たりやすくなります。

的に対してダーツが斜めに当たると、チップが的の穴に入りにくいのです。

リラックスして投げる方法については、過去に記事を書いていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ダーツの矢速を上げる

矢速(ダーツの飛ぶスピード)が遅いと、それだけ勢いが無いので、刺さりにくくなります。

とくに力に自信が無い方は、この矢速を、無駄な力を入れずに上げることをおすすめします。

無駄な力を入れずに、投げるダーツフォームについては、過去に記事を書いていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、ダーツの軌道が山なり(大きい弧)を描いている方は、ダーツが刺さりにくい方がいらっしゃいます。

山なりに投げると、ダーツは的に対して上から刺さりますので、刺さりにくくなります。

これについても矢速を上げて、比較的低い軌道にすることによって解消します。

まとめ

ダーツが的に刺さりにくいと感じている方に、おすすめしたい3つの解決法について、解説しました。

おさらいすると、以下のとおりです。

  • チップを換える
  • リラックスして投げる
  • ダーツの矢速を上げる

ほんの少しでも参考になったら嬉しいです!

これからもダーツのお悩みを持った方に、役立つ情報を配信していきたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました