【ダーツ初心者向け】Aフライトに到達する3つの練習メニューを紹介

【ダーツ初心者向け】Aフライトに到達する3つの練習メニューを紹介 ダーツ 初心者
ふれっど
ふれっど

こんにちはー!ふれっど(@fredchic_s)です!

 

  • ダーツを始めてみたけど、思うようにうまくならない。
  • レーティングがなかなか上がらない。
  • 友達との対戦やオンライン対戦で勝ちたい。
  • 初心者向けのおすすめの練習方法を教えて欲しい。

 

今回は、こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容
  • ダーツ初心者が上達する、練習方法がわかります。
  • 初心者がココだけはおさえておけば良いというコツを紹介します。

 

この記事を書く私は、ダーツ歴10年目、JAPANプロ歴2年。

ダーツを始めて4ヶ月で大会優勝。

ハウストーナメント、リーグ、大会で入賞経験多数です。

大会の賞状とメダル、JAPANプロライセンス

 

ふれっど
ふれっど

私が実際にAフライトに到達するまでにやった、練習メニューについて解説します。

 

ダーツ初心者の練習①:センターカウントアップとカウントアップで「まんなかにまとめる力」を上げる

ダーツのセンターカウントアップ

ダーツを投げに行ったら、ますはセンターカウントアップをやることをおすすめします。

 

ふれっど
ふれっど

センターカウントアップは、ダーツライブ3のゲームです。

 

真ん中に近ければ近いほど、点数が高くなるシンプルなゲームとなっています。

ダーツのセンターカウントアップのルール

 

このゲームをやることで、ブルをあまり意識せずに、真ん中にダーツを集める練習になります。

 

センターカウントアップがないときは、カウントアップでも良いです。

 

ふれっど
ふれっど

わたしがダーツをやり始めたころは、センターカウントアップがありませんでした^^

 

カウントアップをするときは、ブルに入る、入らないはあまりきにせず、目標とする点数がでるまで、投げ続けてみてください。

 

たとえば、500点が出るまでとか。

厳しければ450点でも良いです。

 

ふれっど
ふれっど

物足りなければ、550点、600点でもオッケー!

 

まずは3本のダーツを近くに集めることが、脱初心者の一歩です。

 

ダーツ初心者の練習②:ラウンドザローテーションで01とクリケットに強くなる

ラウンドザローテーション

ラウンドザローテーションは、昔のフェニックスのマシンでできるゲームです。

 

ふれっど
ふれっど

1から20まで順番に、時計回りに狙っていくものです。

最近のマシンにはないようです。

 

1の大きいシングルを狙って、入ったら18の大きいシングルを狙う。

18の大きいシングルに入ったら、4の大きいシングルを狙うといった感じです。

 

ふれっど
ふれっど

20までぐるっと狙ってみてください^^

 

狙いを少しずつズラしていくことで、各シングルの感覚を養うことができます。

 

シングルに狙って入れれるようになると、01やクリケットで勝てる可能性がグンと上がります。

 

理由は次の2つです。

  • 01はぴったり0にするために、シングルに入れる必要がでてくる。
  • クリケットは15〜20のナンバーのシングルに確実に入れることが、勝ちに繋がる。

  

ふれっど
ふれっど

Aフライトどうしの戦いでも、シングルに入るか入らないかで、勝ち負けが決まることもあります^^

 

もちろん、から投げや、家での練習でも効果的です。

 

シングルを狙えるようになると、周りの初心者の方から、頭ひとつ抜け出すことができます。

 

ふれっど
ふれっど

1日に1回でも良いので、ぜひ練習メニューに入れてみてください^^

 

ダーツ初心者の練習③:自宅で投げて「ダーツを飛ばす感覚」をつかむ

自宅用ダーツボード

自宅で投げることで、ダーツを飛ばすチカラを養うことができます。

 

ふれっど
ふれっど

家で投げるときは、外で投げるほど、ターゲットを狙わないからです。

 

じつはターゲットは狙えば狙うほど、ダーツの飛びが悪くなります。

理由は2つです。

  • 狙いすぎると、腕と肩にチカラが入りやすくなる
  • 狙うことで意識がターゲットにいき、一番大事なテイクバックとリリースの意識がうすれる

 

ふれっど
ふれっど

腕と肩にチカラが入ると、ダーツを離すタイミングが遅れて、下に落ちてしまいます。

 

また、ターゲットばかりに集中すると、テイクバックがいつもより浅くなってしまうことがあります。

テイクバックが浅くなると、ダーツを離すタイミングが遅くなって、下に落ちます。

 

まずは、「狙わずに脱力すること」と、「いつものテイクバックを意識すること」が、ダーツを飛ばすコツです。

 

もちろんお店で空投げすることで、ダーツを飛ばす練習も可能です。

しかし、せっかく外に投げに行って空投げするくらいなら、家で投げたほうが、コスパはダンゼン良いです。

 

おすすめの自宅用ダーツボードは、こちらの記事「練習用ダーツボードおすすめランキング5選【家投げで超コスパ上達】」で解説しています。

 

まとめ:【ダーツ初心者向け】Aフライトに到達する3つの練習メニューを紹介

まとめ

以上ダーツ初心者の方向けの練習方法について、解説しました。

 

まとめると以下の通りです

  • センターカウントアップとカウントアップでグルーピングを上げる
  • ラウンドザローテーションで01とクリケットに強くなる
  • 自宅で投げて「ダーツを飛ばす感覚」をつかむ

 

この練習メニューで、あなたがAフライトになれることを祈っています。

この記事が気に入っていただけたら、ブックマークして、ダーツを練習する前にのぞきにきていただけたらうれしいです^^

 

これからも、ダーツプレイヤーさんに役に立つ情報を発信していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

 

ダーツ 初心者
スポンサーリンク
ふれっどをフォローしてダーツスキルとメンタルをゲット!
ふれっどダーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました