【注意】ダーツの的を狙いすぎてはいけない3つの理由

ダーツを早く上達するコツ

こんにちはー!ふれっどです。

ふれっど
ふれっど

ダーツ歴9年、プロ歴2年です!

今回は、ダーツの的を狙いすぎてはいけない3つの理由について、紹介したいと思います。

ブルやトリプルを狙ったときに中々入らない、上がりが見えてくると入らない、決めたいときに入らない等といったお悩みを持った方に、ぜひ読んでいただきたい内容となっておりますので、最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

手が出なくなる

ダーツの的を狙いすぎると、ダーツから手が離れない、持ちすぎてしまうといった現象が起きることがあります。

これは、人がより遠くを狙って何かを投げるときに、自分から一番遠くで物を離すのが一番効率的だと、本能的に感じているからです。

たとえば、野球で遠投するとき、ボールはより自分から一番遠くで離すことで、より遠くに飛ばそうとするはずです。

ダーツの距離はたかだか244cmですが、ダーツをより遠くで離そうと意識するには充分な距離です。

しかし、ダーツにおいては、野球のようにより遠くでリリースすることはおすすめしません。

なぜなら、野球とダーツでは投げるフォームが違うからです。

ダーツで手を離さなければいけないポイントは、案外自分の近くにあります。

ダーツが手から離れなくなってしまうと、どこでダーツを離せば良いかわからなくなり、うまく手が出せなくなってしまい、最悪の場合イップスになってしまいます。

フォームが崩れる

的を狙いすぎると、意識が的に行きすぎてしまい、いつものフォームで投げるようとする意識が薄くなってしまいがちです。

その結果、いつものフォームが崩れてしまい、自分のフォームを見失ってしまいます。

私はこれだと思う自分のフォームが固まったくらいに大会、リーグに出たとき、入れようとするがあまり、いつもとまったく違うフォームになってしまい、フォームを崩してしまったことがありました。

大事なのは的を狙いすぎることではなく、いつもの自分のフォームを心がけることです。

フォームについて意識していただきたいポイントについては、過去に記事を書いております。

あなたにとっての理想のフォームへのヒントになれば嬉しいです。

イライラしてしまう

私もそうでしたが、練習すればするほど、結果を求めてしまいがちです。

なので、試合や練習で狙ったところに入らなかった時に、イライラしてしまうことが多いです。

イライラがかさなると、ダーツを投げることに集中できなくなり、結果も思うように出せません。

そういったときは、狙いすぎることよりも、だいたいあの辺に行けば良いやという気持ちの方が、楽に投げることができますので、試してみてはいかがでしょうか。

私の経験上、その方が狙ったところに入る確率がとても高いです。

たとえば、ブルを狙うときは、ブル周辺に行けば良いやという気持ちです。トリプルやダブルやシングルについても同じです。

「インブルを狙いにいって、アウターブルはキャッチだ」とトッププロがよく言ってますが、これに似ています。

そして、たとえ外したとしても気にしすぎてはいけません。

気にしないことで、外したあとの次のスローにすぐ気持ちを切替えることができます。

まとめ

ダーツの的を狙いすぎてはいけない3つの理由について、解説しました。

まとめると以下のとおりです。

  • 手が出なくなる
  • フォームが崩れる
  • イライラしてしまう

大事なのはいつもの自分のフォームを心がけることだいたいあの辺にいけば良いやという気持ちです。

この記事がほんの少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです。

これからも役立つ情報を発信していきます!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました