【重要】ダーツのレーティングを気にしすぎてはいけない3つの理由

ダーツメンタル爆上げ

こんにちはー!ふれっどです。

ふれっど
ふれっど

ダーツ歴9年、プロ歴2年です。

今回はレーティングを気にしすぎると陥ってしまうことについて、解説していきます。

レーティングが下がってしまったり、なかなか上がらないことを気にしすぎてしまう方に、ほんの少しでも参考になったら嬉しいです。

ダーツの調子が悪くなってしまう

アプリを使用することで、レーティングの他にも様々なデータを確認することができます。

それによって、記録ばかりを気にしてしまい、ダーツの調子が悪くなってしまう方がいます。

大事なのはレーティングではなく、投げたときの感覚です

たとえ、ブルに入らなくても、良い感覚で投げれるのであれば、感覚を優先してください。

そして、その良い感覚で、ブルやトリプルに入れれるように練習した方が、非常に効率的です。

なぜなら、ダーツは感覚の再現性(同じことを繰り返す)のスポーツだからです。

再現性の無い、たまたま入っただけのブルやトリプルを記憶するよりも、良い感覚を記憶してください。

また、調子が悪くなってしまった時に意識して頂きたい3つのポイントについても記事にしておりますので、読んでみてはいかがでしょうか。

謙虚さが無くなってしまう

ダーツはレーティングが全てではありません。

あまりにもレーティングを気にしてしまうと、レーティングによって他の方をマウンティング(格付けすること)されている方も中にはいらっしゃいます。

しかし、どんなスポーツでも趣味でも、謙虚さが大事だと私は思います。

プロの大会で会ったことがあるトッププロの方々は、みなさんとても謙虚でした。

つまり、謙虚に努力する方が、本当の意味でダーツが上手くなれるのです。

モチベーションが下がってしまう

レーティングが下がるとモチベーションが下がったりすると思います。

しかし、レーティングは誰しもが上がったり、下がったりするものです。

それに一喜一憂して悩むよりも、ダーツを投げることを楽しんでください

そして楽しむことで、モチベーションが上がりますし、逆に下がってしまうことを防止してくれます。

まとめ

ダーツのレーティングを気にしすぎてはいけない3つの理由について、解説しました。

おさらいすると以下のとおりです。

  • ダーツの調子が悪くなってしまう
  • 謙虚さが無くなってしまう
  • モチベーションが下がってしまう

この記事がほんの少しでもお役に立てたら嬉しいです。

これからも役立つ情報を発信していきます。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

ダーツメンタル爆上げ
スポンサーリンク
ふれっどをフォローしてダーツスキルとメンタルをゲット!
ふれっどダーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました