【クリケットのルール】ダーツ初心者さん向けに超ていねいに徹底解説

ダーツ 初心者
ふれっど
ふれっど

こんにちはー!ふれっど(@fredchic_s)です!

 

今回は「クリケットのルール」について、ダーツ初心者さん向けに、丁寧に解説していきます。

 

この記事はこんな人向け
  • クリケットのルールがよくわからない。
  • 基本的なルールが知りたい。
  • 初心者はどこを狙えば?

 

そんなお悩みを解決します。

 

この記事の内容
  • クリケットの基本的なルール
  • クリケットのアワードについて
  • 初心者のコツと戦略
  • クリケットの種類

 

この記事を書くわたし

ふれっどのプロフィールと実績
ふれっど(@fredchic_s

 

投げているときの動画がこちら

 

ふれっど
ふれっど

ダーツ10年目の知識と、元JAPANプロのスキルで、わかりやすく、ていねいに解説していきます^^

 

【クリケットの基本ルール】クリケットナンバーとブルをオープン・プッシュ・クローズする

【ルール】クリケットナンバーとブルをオープン・プッシュ・クローズする

クリケットにはいくつか種類がありますが、ここでは一般的なクリケットと言われる、「スタンダードクリケット」について解説します。

 

ふれっど
ふれっど

「クリケットをやろう!」と言われたらコレです^^

 

クリケットはカンタンに言うと、陣取りゲームです。

 

陣地を取って、点数を入れて、全ての陣地を自分のものにしたら勝ちです。

 

ふれっど
ふれっど

戦略性があって、とてもおもしろいゲームです^^

 

ルールは少し複雑なので、まとめてみました。

  • 点数はクリケットナンバーとブルしか入らない
    • クリケットナンバーは20、19、18、17、16、15の6種類
    • クリケットナンバーとブル意外は、点数が入らない
    • シングルに入ったら1倍、ダブルは2倍、トリプルは3倍の点数になる
      • 例:18のトリプルは54点
    • ブルはアウター(赤い部分)が25点、インブル(黒い部分)が50点
      • ブルのルールが「カウントアップ」や「01」と違うので注意!

 

【ルール】クリケットナンバーとブルをオープン・プッシュ・クローズする

 

  • クリケットナンバーをオープン(自分の陣地)すると、プッシュ(自分の点数を増やせる)できる
    • 自分の陣地にするには、3マーク必要
      • シングルに入ったら1マーク、ダブルは2マーク、トリプルは3マーク
    • 4マーク目以上は、プッシュといって自分の点数になる
    • オープンしているナンバーは、マーク数×各クリケットナンバーが点数になる
      • 例:4マーク×19=76点
    • マークの記号は以下のとおり
【ルール】クリケットナンバーとブルをオープン・プッシュ・クローズする

 

  • クリケットナンバーをクローズ・カット(相手の陣地を消す)すると、相手はそれ以上点数を入れることはできない
    • クローズ・カットするには3マーク必要
  • 相手よりも点数が高い状態で、20〜15、ブルをすべてオープンまたはクローズすると勝ち
  • ダーツは3本投げて1ラウンド
  • ラウンドは15〜20ラウンド
    • 決められたラウンド内で、すべてオープンまたはクローズできなかった場合は、点数が高い人の勝ち

  

先攻後攻は、ジャンケンとセンターコークで決めるのが一般的です。

センターコークって何?って方は、私の過去の記事を参考にしてみてください^^

 

ふれっど
ふれっど

ゲームをスタートしたら、まずは高得点の20から狙ってみてください^^

 

【クリケットのアワード】クリケットナンバーのマーク数で決まる

【アワード】クリケットナンバーのマーク数で決まる

クリケットのゲームにはアワードといって、一定のマーク数をクリアすると、音や映像が流れます。

 

ふれっど
ふれっど

アワードが出るとテンションが上がります^^

 

クリケットのアワードは以下のとおり

  • 5マーク
    • ダーツを3本投げて、マークを5本取ったとき
    • 例:トリプルに1本、シングルに2本
  • 6マーク
    • ダーツを3本投げて、マークを6本取ったとき
    • 例:トリプルに2本、1本はノーマーク
  • 7マーク
    • ダーツを3本投げて、マークを7本取ったとき
    • 例:トリプルに2本、シングルに1本
  • 8マーク
    • ダーツを3本投げて、マークを8本取ったとき
    • 例:トリプルに2本、ダブルに1本
  • 9マーク
    • ダーツを3本投げて、マークを9本取ったとき
    • 例:トリプルに3本
  • スリー・イン・ア・ベッド(THREE IN A BED)
    • ダーツを3本投げて、同じトリプルに3本入ったとき
    • 例:19のトリプルに3本
  • ホワイト・ホース(WHITE HORSE)
    • ダーツを3本投げて、3本とも違うトリプルに入ったとき
    • 例:20・19・16のトリプルに1本ずつ

 

【初心者のコツと戦略】アウターシングルを制するものはクリケットを制す

【初心者のコツと戦略】アウターシングルを制するものはクリケットを制す

トリプルに入ると、ダーツ1本でナンバーをオープンできたり、点数も3倍になるので、とても有利ですが、初心者さんにはアウターシングルを狙うことをおすすめします。

 

アウターシングルは、トリプルとダブルの間の台形の部分です。

 

なぜなら、トリプルはとても小さい(面積は約6.9㎠)からです。

それに対して、アウターシングルの大きさは、約23.8㎠。

 

ふれっど
ふれっど

アウターシングルの大きさは、トリプルの大きさ約3.5倍です!

 

ダーツ初心者さんは、ターゲットを狙える力がまだ低いです。

 

つまり確実にシングルを狙った方が、効率よくマークを稼ぎやすいということになります。

 

クリケットの戦略とコツ、おすすめの練習方法については、過去に記事にしていますので、「クリケットの勝ち方がわからないあなた」は、ぜひのぞいてみてください^^

 

【クリケットの種類とルール】スタンダードと合わせて5つ

【クリケットの種類】スタンダードと合わせて5つ

クリケットの種類は5つ。

  • スタンダードクリケット
  • ランダムクリケット:狙う陣地(ナンバー)がゲームごとに変わる
  • ヒドゥンクリケット:狙らえる陣地(ナンバー)が最初わからない。隠れているので探し出す面白さがあります。
  • カットスロートゲーム:
    • 3人以上で遊べるクリケット
    • 4本目以降のマークは、自分に点数が入るのではなく、ナンバーをオープンしていない人に点数が入る。
    • 点数が一番低い人の勝ち。
  • クリケットカウントアップ:おもに1人用のゲーム。1ラウンド目は狙えるナンバーが20だけ、2ラウンド目は19だけと、1ラウンドごとに狙えるナンバーが変わっていく。最後は好きなクリケットナンバーを狙える。

 

ふれっど
ふれっど

3人で投げに行ったときは、カットスロートゲームがおすすめです!

戦略性があって、とてもおもしろいですよ^^

 

まとめ:ダーツのクリケットのルールについて

まとめ

以上クリケットのルールについて、詳しく解説しました。

 

まとめると以下のとおりです。

  • ルール
    • 点数はクリケットナンバーとブルしか入らない
    • クリケットナンバーを自分の陣地にすると、点数を増やせる
    • 相手の陣地を消すと、相手はそれ以上点数を入れることはできない
    • 相手よりも点数が高い状態で、20〜15、ブルをすべて自分の陣地に、または相手の陣地を消すと勝ち
    • ダーツは3本投げて1ラウンド
    • ラウンドは15〜20ラウンド
    • 決められたラウンド内で、すべて自分の陣地に、または相手の陣地を消すことができなかった場合は、点数が高い人の勝ち
  • アワードはクリケットナンバーのマーク数で決まる
  • 初心者さんはアウターシングルを狙う
    • クリケットの戦略はココ
  • クリケットの種類は5つ

 

ダーツをこれから始めるかた、そしてクリケットのルールがよくわからない方に、参考になればうれしいです。

 

これからも初心者・中級者のダーツプレイヤーさんに、役立つ情報を発信していきます。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

 

もしこの記事が気に入っていただけたら、ブックマークシェアよろしくお願いします!

 

ふれっど
ふれっど

したらまたっ!

 

ダーツ 初心者
スポンサーリンク
ふれっどをフォローしてダーツスキルとメンタルをゲット!
ふれっどダーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました